ツアー案内

一覧表

 
北アフリカの宝石箱 チュニジア周遊の旅
 12/23(日)~1/2(水)11日間 ¥378,000
古代カルタゴ以来、数千年に亘って、その立地と地味豊かな大地を背景に古代ローマ、イスラム時代でも常に地中海圏の中心地のひとつとして繁栄を誇ってきた歴史あるチュニジア。 エキゾチックな風俗、数々の貴重な遺跡、美しい海と雄大な山岳景観、果てしなく広がるサハラ砂漠と、まるで宝石箱のように魅力いっぱいです。

行程:機中①~チュニス②(カルタゴ、シディ・ブ・サイド)~ドゥッガ~カイルアン①~マトマタ②(クサールハッダダ、シェニーニ)~ドゥーズ~ショット・エル・ジェリド~トズール②(タメルザ峡谷)~スファックス~エル・ジェム~スース①~機中①
②船で行く金門島と客家土楼、コロンス島を訪ねるアモイの旅
 12/27(木)~1/1(火) 6日間 ¥258,000  
中国本土から僅か沖合2㎞に浮かぶ金門島ですが、台湾が実効支配する島のため「中国から最も近くて“遠い島”」と呼ばれ、中国本土と金門島とを結ぶ航路もありませんでした。 近年、中台の政治的緩和によりアモイと金門島とを結ぶ定期船が就航し、誰でも自由な往来が可能になりました。ユニークな客家土楼、洋館が建ち並ぶコロンス島と併せてご案内いたします。

行程:アモイ⑤【宝龍鉑爾曼大酒店5つ星】~南靖田螺坑土楼群~金門島~コロンス島~【客家料理、舒友酒楼・飲茶料理、天天漁港・海鮮料理】
マンタと泳ぐヤップ島の旅
 12/28(金)~1/2(水)6日間 ¥468,000   
年末年始は温かな南洋のミクロネシア連邦へ。607の島々と環礁から成るミクロネシア連邦の最西部に位置するヤップ島は、現在でも奉納や労働の対価として巨大な石のお金が使用されており、最も伝統的な風俗を残すユニークな島です。この時期、コバルトブルーの美しい海にマンタが集まってくるため、マンタと一緒に泳ぐこともできます。
行程:グアム①~ヤップ島④~機中①
モヘンジョダロで流星群に出会う、パキスタン歴史探訪
 12/28(金)~1/7(月) 11日間 ¥398,000   
年始早々、やってくる「しぶんぎ座流星群」を世界四大文明の一つインダス文明の中心遺跡『モヘンジョダロ』で観測するツアーです。悠久の遺跡の中で見る流星群は、浪漫溢れる忘れがたい体験になることでしょう。併せて、ガンダーラの遺跡やムガール帝国の栄華ラホール、世界遺産ロータス要塞、インダス川遊覧など、パキスタンの見どころを巡ります。

行程:イスラマバード②(タキシラ)~ロータス要塞~ラホール②(インド国境)~ハラッパー遺跡~ムルタン①~サッカル①~モヘンジョダロ①(流星群観測)~サッカル①(インダス川遊覧)~イスラマバード①~機中①
“トナカイの民”サーミ、コミ、ネネツ人の村 クラスノシェリエのクリスマスと幻想のオーロラ
 1/3(木)~1/10(木)8日間 ¥338,000  
旧暦を使用しているロシアでは、クリスマスは1/7に祝います。北極圏のコラ半島にあるサーミ人の村に滞在して、ロシア北極圏ならではの遊びや文化を体験しながら、特別なクリスマスを経験します。冬の北極圏は、また、オーロラの季節。1/6が新月にあたりますので、天気が良ければ素晴らしいオーロラも期待できます。

行程:モスクワ~ムールマンスク①~ロヴォ―ゼロ村~《特別ソリ》~クラスノシェリエ村④【クリスマス】【オーロラ観賞】~《特別ソリ》~ロヴォ―ゼロ村~ムールマンスク①~モスクワ~機中①

▲このページのトップに戻る

おすすめツアー